南大東島:付近散策

南大東旅行もついに最終日に。
飛行機の時間まで近場を散策。

朝から散歩がてらにウロウロしてみました。

≪南大東島地方気象台≫
画像
まず訪れたのはここ、「南大東島地方気象台」
何で朝っぱらからこんな所に来たかと言えば・・・
気象台では毎日8:30と20:30にバルーンを打ち上げているのです。

気象庁は全国16ヶ所と昭和基地で気象観測用バルーンを飛ばしており
南大東もその一つとなっております。

これが南大東の自動放球装置!
画像
コントロールは大手町で行っているそうで
毎日2回、せっせとバルーンを打ち上げております。

そして8:30、打ち上げ!
画像
いきなり装置の天井が開いたかと思ったら
あっという間に放球終了 (笑)
画像
バルーンも、あっという間に彼方へ飛んでいきました。

で、何を飛ばしているかというとコイツ、「ラジオゾンデ」
画像
気象庁HPによると
ラジオゾンデは地上から高度約30kmまでの大気の状態を観測してデータを送信。
観測を終えたラジオゾンデは、パラシュートによってゆっくり降下するとのこと。

ラジオゾンデは1回使い捨てだそうで、降下した後は・・・
気象台の方は 「拾ったら、ご連絡いただければ回収しますよ」って。
実際 見学に来てた人の中に 「私、拾ったことありますよ」 って人がいましたね。

≪南大東の名物?≫
画像
写真はあえて小さく表示してますが
これはもう 「名物」 として良いのではないかと。
何かと言えば、ヒキカエルの轢死体 (^_^;)
そこら中に干からびた煎餅カエルが大量に落ちて(?) いるのですよ。
ホントにマジで大量。

この大量のヒキガエルですが、大東の外から持ち込まれ種なんだそうで。
でも島の方に言わせると 「元々在来種のカエルはいないから問題無い」って。

そして大東犬!!(ポンちゃん)
画像
「大東犬」 は南大東の地犬で日本犬の一種。
特徴は短い脚とガニ股姿(笑)
でも 「大東犬」 は絶滅が危惧されていて、島内にもわずか数頭なのだと。
現在、種の保存のため多くの方が頑張っているらしいです。

≪諸々≫

そんなわけでここが今回お世話になった宿です。
画像
「ホテルよしざと」
島内唯一のホテルとなっております。
集落の中にあって、自転車も車もレンタルがあるので大変便利でしたね。
南大東初心者にはおススメの宿かと思われます。

あと南大東初心者の方に注意事項です。

商店は外から見ると何の店なのか(そもそも店なのか)大変わかり難く、
また営業しているのか休業しているのかもわかり難い店構えです。
でもそこは勇気をもって扉を開けてくださいね。
大丈夫です!・・・たぶん・・・ 

そして南大東空港再び
画像

画像
南大東の皆様、お世話になりました!

南大東旅行を総括すると
「何もないよ」って言われたけど、結構いろいろありました(笑)
4泊5日満喫しましたよ。

島の方も皆さん親切でフレンドリーで。
気軽に話しかけてくれたり、いろいろ教えてくれました。

ただフレンドリーが故に怒られっぱなしの毎日でして・・・ (^_^;)
何を怒られたのかと言えば、祭り前に島を去ることを。

実は9月は年に一度の 「南大東村豊年祭」 があるのです。

島をあげての大きな祭りで、島の一大イベント。
しかもこのお祭りは島民だけではなく来訪者も参加OKらしく
来訪者も神輿担ぎ要員にされちゃったりするらしいのです。

なので、このお祭りの為にやって来る観光客も多く
何年間もこのお祭りに来て参加しているという方も多数。
中には 「20年以上祭りに来てる」 って方も。

そんなわけで必ず
「観光?」 という質問から始まり、「なんで祭り前に帰るの!」 と怒られ
「飛行機が飛ばなかったって嘘ついて残っちゃえ」 と提案される流れが
どこへ行っても定型のように繰り返される日々だったのです (^_^;)

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック