「驚きの明治工藝」展

画像
東京藝術大学大学美術館の「驚きの明治工藝」展 行ってきました。

自在置物の精密さに驚きと感動!

そして、なんでしょうか・・・
「日本人って昔からオタクだわ(笑)」って感想です。
海洋堂の原点がここにある (^_^;)

何気に置いてあったら絶対に騙されるって。
画像

それに「塩鮭」って・・・なぜに「塩鮭」?
ちなみにこの「塩鮭」、12cmです。
画像

そして狸の裏側まで拘る徹底ぶりには、ただただ感心。
(ちょっと色っぽいぞ、狸!)
画像

上の狸も良いのですが、猫の表情も良いんですよ~。
額の縞模様は、異なる木を組んでいるという凝りよう。
画像

その他、緻密過ぎておどろおどろしい「山姥香炉」とか
(口から煙が出る仕掛けで、怖くて使えないよぉ (T_T)/~~~)
螺鈿の煙管筒は美しかったですねぇ。

昔の職人さん達の技術と情熱と拘りと遊び心の詰まった作品が多数!
ため息の出る面白さが詰まった展示会でした♪
画像





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック