小説 『ゴーストハント』 全7巻 小野不由美

ここのところずっと探していた『ゴーストハント』ですが・・・ 探し物って意外に近くにあるものですね。 最近ちょっと御無沙汰をしていた職場近くの図書館にありました。 非常にラッキー!! 多少の出費は覚悟していたのに、タダで読めました(*^^)v 全7巻を一気読みです。 漫画をちょこっとだけ読んだ時は 『なんだ?おちゃらけゴーストバスターズか?』と思ったのですが、 小説読んだ…

続きを読む

『ガリレオの苦悩』 東野圭吾

え~と、 ひっそりこっそり続いております読書週間。 『しゃばけ』シリーズは、 貸してくれてる方の蔵書が尽きたので一旦休止。 3冊ばかり読み残しがあるのだけど・・・古本屋探そうかな( 一一) なので東野圭吾のガリレオシリーズ 『ガリレオの苦悩』を読んでみました。 今や有名人の湯川准教授の短編モノです。 ガリレオシリーズの短編モノは題名が凝ってて好きなんですよ。 『ガリ…

続きを読む

「しゃばけ」 畠中恵

江戸有数の薬種問屋の若だんな一太郎。 体が弱く外出もままならない一太郎が家族同様の妖怪とともに 殺人事件の解決に乗り出す、愉快で不思議な大江戸人情推理帖。 知り合いに借りて読んだのですが 一太郎と妖怪のやり取りや関係がなかなか楽しい♪ 一太郎に甘々な家族や妖怪達。 一太郎が一方的に庇護されているのかと思いきや どうしてどうして、意外にしっかり者な一太郎だったり(笑) …

続きを読む

「長い長い殺人」 宮部みゆき

先日TVで放映されたので TVをを観る前に小説を読もうと思いまして、TVは録画して小説購入。 いきなり財布が一人称だったのでたまげましたよ (^_^;) それに場面がコロコロ変わるし、 疲れている時に読むと話が見えなくなりますね。 内容的には、淡々と話が進んで・・・って感じで あまりアップダウンなく終わっちゃう話でしたね。 スリル&サスペンス系を期待したのですが、ちょっと違…

続きを読む

「魔性の子」 小野不由美

あらすじは 教育実習のため母校に戻った広瀬は、教室で孤立している不思議な生徒・高里を知る。 彼をいじめた者は“報復”ともいえる不慮の事故に遭うので、“高里は崇る”と恐れられているのだ。 広瀬は彼をかばおうとするが、次々に凄惨な事件が起こり始めた。 幼少の頃に高里が体験した“神隠し”が原因らしいのだが…。 彼の周りに現れる白い手は?彼の本当の居場所は何拠なのだろうか? という内容です…

続きを読む

読書週間突入

気付けば6月 もうすぐ梅雨に突入ですねぇ。 そんなインドアな雰囲気のせいかどうかはわかりませんが 先週あたりから “読書週間” に突入しております。 この一週間で3冊読破。 ちょっとペースが速めなので、息切れするのも早いかも(笑)

続きを読む

『ひつじが丘』 三浦綾子

新年一発目の読書感想文 『ひつじが丘』 三浦綾子 会社の同僚から 「コレ読む?」 と聞かれたので 折角だから貸して頂きました。 感想は...私との相性はあまり良くない (-_-;) 読んでても全然ワクワクしないんですよ。 結末もなんだかベタ過ぎて...。 まぁ私とこの作品との相性が悪いのは、 元々私が小説に求めるものが“非現実”と“意外性”であり、 “愛とは何か?”…

続きを読む

『鹿男あをによし』 万城目学

会社の同僚から貸して頂いた夏の課題図書(笑) 『鹿男あをによし』 です。 奈良の女子高に赴任した臨時教師が日本を救う為に奮闘する物語。 ストーリーは単純明快ですが、楽しい (^^♪ この本、私は結構好きだったりします。 登場人物(?)が皆いい味出しているのですよ。 憎めないキャラクター揃い♪ (私はポッキー好きの鹿が好きです!) それに春に奈良を訪れたばかりなので…

続きを読む

『1Q84』 村上春樹

『1Q84』、 言わずと知れた村上春樹の大ベストセラー。 今頃やっと読みました。 超有名作品なので期待半分、疑い半分で読んだのですが なかなかどうして、面白かったです。 次々と3冊一気に読めてしまいました。 時系列が少々混乱する感じはありますが、 読んでて “止められなくなる感” がある作品です。 ただ... 「何の話?」 と問われると...わからない。 正直、物…

続きを読む

八丈島のキョン!!

八丈島でお世話になった方が「不思議に思っている事がある...」と。 「キョンを見たがる観光客が多いのはなぜ?」と... う~ん、ジェネレーションギャップ?(^_^;) ちなみに彼女の年齢は30代。 ハイハイ、「八丈島のキョン!」に反応しちゃった貴方! 40代以上でしょう!(笑)

続きを読む

『カラフル』 森絵都

会社の同僚から夏の課題図書をいただきました (^_^;) まず一冊目は 『カラフル』 森絵都 映像化も何度かあった作品で、 課題図書らしく、とても健全なお話しです(笑) 「罪を犯して死んだ魂が輪廻に戻るチャンスを与えられ...」という内容。 予想を裏切らないストーリーで、安心して読めます。

続きを読む

『最後の一球』 島田荘司

性懲りも無く、「わ~い、御手洗君が馬車道に居る~♪」 とか 喜び勇んで図書館で借りてきたのですが。 ...ヌカ喜び (T_T) 御手洗君、馬車道に居る事は居るけど...居るだけ。 謎解きとか全然してくれません。 ポーンと何だか掴み所の無い事件が提示され、 後はその事件の真相...というか “何故そうなったのか?” が 長々と語られる構造となっております。 トリックとか大掛…

続きを読む

『グイン・サーガ』1~5巻 第1部辺境篇

図書館から借りている『グイン・サーガ』 1~5巻 第1部辺境篇 読み終わりました!(^^)v 辺境篇は、グインが双子の前に現れてからノスフェラスの戦いまで。 御一行がモンゴール軍から逃れつつ、最後はノスフェラスで...です。 行き過ぎ感のある“ご都合主義”もこの手の物語には寧ろ不可欠要素なので、結構楽しく読めました。 まぁここまでのストーリーは某N○Kで放送したアニメを観ていた…

続きを読む

『メトロミニッツ No.093』

東京メトロのフリーペーパー『メトロミニッツ』 最新号はハイボールの特集です。 で、その中にゴスペラーズ村上さん酒井さんのインタビュー記事が! 「ゴスペラーズの酒豪ツートップ、村上てつやさんと酒井雄二さんも...」 う~ん、嘘はいけない、嘘は(^_^;)

続きを読む

『屍鬼』全5巻 小野不由美

同僚推薦の作品 『屍鬼』 全5巻読み終わりました。 (実は同僚、怖くて自分は読めなかったらしいのですがw) で、感想は... う~ん、ちょっと残念! 前半、3巻の途中までは良かったんですけどね~。 後半になったら、いきなり物語が薄っぺらくなりました。 気を持たせて引っ張った挙句にあのラストは無いなぁ~(^_^;) それにちょっと独創性に欠けるかなぁ~って感じですね。 …

続きを読む

「溺れる人魚」 島田荘司

久々に読んだ島田荘司作品です。 本作品は表題である「溺れる人魚」の他に、 “人魚”に絡んだ短編が纏められている短編集。 (若干無理矢理“人魚”な作品もありますが) 物語の端々に御手洗潔の影がチラチラするのだけど、 ...チラチラするだけ(笑) やぱっり私は御手洗君が最前線でバリバリやってる頃の話が好きですね。 海外に行っちゃってからの話しはすっかり大人しくなっちゃって、…

続きを読む

図書館めっけ♪

職場の近くに図書館発見! 会社帰りに寄れるし (仕事が早く終ればね(^_^;)) 返却だけなら24時間OK。 コレは利用しない手は無いっ♪ と言うわけで高校...いや小学校以来かな? 図書館で本を借りました。 まず会社の同僚オススメの「屍鬼」 同僚曰く、凄く怖いらしい... そして島田荘司の「溺れる人魚」 昔は島田荘司の作品は片っ端から読んでたのだけど、 御手洗潔…

続きを読む

『THE FILE ゴスペラーズ』

『THE FILE』 が本日届きました。 そして噂(?)の北山氏が表のポストカードも! で、早速読みました...『G10 archives』 を (?) いやぁ~、『THE FILE』 見たら 『G10 archives』 を読んでないという事を思い出しまして...「まず先に 『G10 archives』 だろうっ!」 と (^_^;) DVD 『G10』 をかけ、ハイボー…

続きを読む

『デセプション・ポイント』 ダン・ブラウン

久々にゆっくりと休日のひと時を過ごせました。 ここのところ何だかんだと丸一日ゆっくり過ごすことがなかったので。 別に何が忙しかったって訳でも無いのですけど... で、本日は午前中に洗濯等を済ませ、 午後はダン・ブラウン著 『デセプション・ポイント』上下巻を一気読み。 実はつい先日 『天使と悪魔』 も読んだのですが、 正直な感想としては 「ダン・ブラウン作品はもういいや…

続きを読む

"セルゲイ” ドキュメントブック

ゴスペラーズ "セルゲイ” ドキュメントブックやっと届きました!(^^♪ 写真タップリですね。(文章はちょっと少なめ) まだネタバレ回避の方もいらっしゃると思いますので詳しくは言いませんが... 安岡さんの『年寄り』発言に笑った(^_^.) ホントに、よりによって最も多い回数を歌ってきたであろう2曲でね...まったく(苦笑) しかし、そう言う最年少安岡さんも、『一筋の軌跡』です…

続きを読む

「ぽんカレーゴールド」

黒沢薫のカレー&ライフドキュメントブック 第2弾! 「ぽんカレーゴールド」!! ( やっぱり “ゴールド” なんですね(苦笑) ) 主な内容は...“黒ぽん南インドへ行く/オリジナルカレーレシピ3+α/ カレー業界人対談(vs大槻ケンヂさん、vs吹石一恵さん、カレー部座談会)/全国カレー店25 etc…” GosTV と ゴスモバイル で特典付き先行予約が始まりました。 …

続きを読む

「CDでーた」

「CDでーた」 1頁のために 530円...v(^_^;) 『黒沢薫のもっとぺたぺた歩き』目的です。 ●『黒沢薫のもっとぺたぺた歩き』● カレー大好きなゴスペラーズ黒沢薫氏が、オススメのカレー店、近況などのコメントを寄せているコーナーです。 毎回毎回、実に美味しそうなカレー屋さんが紹介されており、空腹時に読むと非常に危険なコーナーとなっております。 で、今月号の「CDでーた」(…

続きを読む

PATi PATi 5月号

PATi PATi 5月号 購入 目的はもちろん 「途中下車」 ... (^_^;) 今月は北山さんということで、それで私的にはすでに○なわけですが(笑) (しかし、たった3頁のために750円かぁ (ちょっと遠い目)) ところで北山さんはさて置き...(置くのかっ!) あのツリーハウスに一目惚れ!! ツリーハウスに登ってみたいっ!! もちろん てっ…

続きを読む

最強の本屋さん...その後

以前 “横浜最強の本屋さん” と絶賛した横浜の「あおい書店」。 先日行ったら、ややスケールダウンしてました (-_-;) 店の規模ではなく太っ腹感が... 雑誌の立ち読みがかなり出来なくなってました。 読めるコミックスの数も減ったような気が... このまま普通の “品揃えがいい” だけの書店になってしまうのでしょうか? “品揃え” だけじゃアノ場所まで行く価値ないなぁ~。…

続きを読む

神保町 古書店街

久しぶりに...非常に久しぶりに神保町に行きました。 1年ぶり位なのかな...??ん?それ以上か? 最近は専門書とかレアな本とかわざわざ神保町に行かなくても比較的簡単に手に入るようになったからね。 いやはや、びっくりでした。 何が?って、客層が...男ばっかりで (^_^;) 確かに昔も男性客の方が多目ではあったが... 三省堂とか超メジャーな書店はそうでもないんだけど ち…

続きを読む

「日本一美味しいカレーを探せ!」&『東京カレーラボ』

「日本一美味しいカレーを探せ!」という雑誌購入 「日本一」 と言いつつ首都圏版です(爆) (関西版もあるらしい) カレー情報満載、クーポン券なんかも付いてます (^_^)v 初っ端に紹介されてる “匠の店” 4軒のうち2軒は既に訪問済(笑) でも沢山あるのね、カレー店。 家から徒歩圏内にあるカレー屋が載っていたのには少々びっくり。 カレー屋の存在は知ってたけど、雑誌…

続きを読む

横浜最強の本屋さん

横浜西口のダイエーに新規オープンした本屋さん「あおい書店」。 売り場面積は900坪、在庫量は55万冊で、規模は横浜最大級。 すごいです。 規模もすごいけど、びっくりしたのはコミックス売り場。 なんと立ち読みが出来る! 同じ商品のうち1冊だけ読める状態になっているパターン。 最近はよく「第1巻」だけ読める書店はあるけど、ここは全巻読めちゃったりします。 全作品ではないけど、売…

続きを読む

Angel Heart

本日から 2007年“セルゲイ” スタート!! いいなぁ~、行きたいぞ~っ (=_=)  で、ストレス解消(?)に 「Angel Heart VOCAL COLLECTION VOL.2」 購入。 良い曲たくさん入ってました。 私的には○ もちろん kitago-yama 参加してます (それが目的です、もちろん) ジャズっぽい演奏で明るめのアップテンポな…

続きを読む

「アルスラーン戦記 暗黒神殿」 田中芳樹

アルスラーン戦記 12巻 が発刊されたようで... 私もファンだったんですよ、大昔は... 1巻の発売が1986年(うわ~っ、20年前だぁ) 当初 1~2巻/年ペースで発刊されていたのが、9巻が出た後はパッタリ。 それが1992年頃のお話。 その後待てど暮らせど続巻は出ない。 1999年、忘れた頃に10巻発売。 遂に再開したのかと喜んでいたら、11巻が出たのは2005年でし…

続きを読む

新刊が...

久しぶりに本屋の単行本(新書)コーナーをまじめにチェック。 本屋には行ってたけど、最近まじめにチェックしてなかったので。 (ここのところブック・○フの古本ばっかりで...) えっ、「ダーク・タワー」最終章なの?! いつから再開されてた? 四部あたりで止まってたんじゃ... 島田荘司...なんか、知らない本がいっぱい。 (犬坊里美さん、あなたいつの間に主役になったの?) …

続きを読む