南大東島:貨客船「だいとう」

今年の夏休み、職場で 「南大東に行ってくる」 と言ったら
皆さん、「?」なイマイチな反応。

しかし、あるシーンについて話すと 「あぁ、それ知ってる~!」 と。

そのシーンとは貨客船 「だいとう」 の乗船シーンです。

貨客船 「だいとう」 は、那覇~南・北大東島の定期航路船。
月に4~5往復の運航スケジュールとなっております・・・・・・・・がっ!

波が荒れて欠航することも多く、「定期航路」といいつつ不定期な船。
2週間以上船が出ないことも・・・

さらに入出港の日にちだけでなく、時間もその日の状況で変わるので
利用する際には直前の確認が必須の船なのです。

そんな不定期船 「だうとう」 の出港を見るため、またまた西港♪
画像
前日まで何もなかった西港ですが、
「だいとう」 が入ると港全体が俄然活気づきます。

港には移動式の待合室まで設置されます。
画像
なんと、このコンテナ待合室はエアコン完備!
日差しを遮るものが無く、逃げ場のない港で大変ありがたい施設です。

乗船の為に必要なのは、この巨大なクレーン車↓↓
画像

そしてもう1つ、用意されるのが↓コレ!!
画像

乗客は、まずこのゴンドラに乗り込みます。
画像
そして・・・クレーンで吊上げて
画像
船上へ運ぶ(笑)
画像
これが大東名物、ゴンドラ&クレーン使用の乗船風景です(笑)

大東の港は外洋に面しているため波がたいへん荒れやすく、
また高波を避けるため海抜十数メートルの高さに作られているので
船は港に接岸することが出来ません。

なので船は港から少し距離をとって停泊しているのです。

接岸していない船にお客さんを乗船させる方法として、
南大東と北大東ではこのような方法がとられているのです。

そして乗船が終わった後、なんとゴンドラに乗せてもらっちゃいました!
画像
結構高さがあります
画像
確かに船は接岸しておりません
画像

画像
「だいとう」の船上近づく
画像
そして 「だいとう」 到着!
画像
私は乗船券は持っておりませんので、
ゴンドラから出ることなく、このまま陸にj逆戻りです。

なかなか貴重でスリリングな体験をさせていただきました。

実は今回の旅行を企画したとき、このゴンドラにどうしても乗りたくて
「だいとう」 に乗船するスケジュールを色々と模索したのです。
でも結局日程が合わずに泣く泣く断念。

それがこんな形で叶うとは!(*^^)v
ありがとうございましたぁ!

ちなみにここでは車もクレーンで
画像

そして船を海に出すのもクレーンで吊りあげます
画像
しかも船員さんごと
画像


そんなこんなで積むもの積んで、「だいとう」 無事に出港  (-_-)/~~~
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック