武田と哲也 シルクの似合う夜 part5

画像


武田と哲也
『SOUL POWER presents シルクの似合う夜 part5』 行ってきました!

セットリストは

・ SOUL WRAPPIN’
・ BETWEEN THE SHEETS
・ COME & TALK TO ME
・ FEEL LIKE MAKIN’ LOVE
・ CAN’T HIDE LOVE
・ NEVER TOO MUCH (哲ソロ・TAKEさんはコンガで)
・ SUPERSTITION (TAKEソロ・てっちゃんはサックス演奏)
・ 新大阪
・ Nice’n Slow
・ AIN’T NO STOPPIN’ US NOW

・ EASY LOVE
・ NITE CRUISE
・ LADY CANDLE
・ 4U
・ LOVE SOUND
・ HEAVEN


アンコール

・ STAND BY MEに贈る言葉
・ BEACH
・ さよならいとしのBaby Blues


客席側の左右の出入口から登場した武哲に、会場が一気に盛り上がりました!
二人は客席中央で肩を組んだりしながら、客席を通り、
やたらと頑丈そうな階段 (プロレス仕様(^_^.)) でステージにあがった二人。
ライブの始まりはお約束の『SOUL WRAPPIN’』からの『BETWEEN THE SHEETS』

前半は「オリジナル曲は少ないので簡単には歌いません」などと言ってカヴァー曲を。
『新大阪』 の 「ヘッド フォ~ン」 は当然TAKEさん担当。
気持ちよさそうに 「ヘッド♪フォ~ン♪」 って歌ってましたよ(^^)v

後半はあの白スーツで登場し、アルバム曲を熱唱!
やっぱり生ですよ、生!!武哲の歌声はやっぱ格別です!

トークも、もちろん・・・関西出身の二人が揃うと、ね(笑)
ボケて、突っ込んで、ちょっとエロい話から自虐ネタまで。
自由でゆるくて、爆笑なトークが繰り広げられました。

ミニアルバムについては 「大きな愛は歌ってない」 「ちっちゃな愛だけ」
「『あなたを想う』とか無いから」 「離れてる人のことなんて関係無い」 と・・・
さすがの “ジャパニーズ・セクシー・ソウル・デュオ” です。
そういえば今回のライブも「真面目に聴かなくていいから」って言ってましたね(^_^.)

アンコール 『STAND BY MEに贈る言葉』 はTAKEさんとてっちゃん二人だけで。
『STAND BY ME』 と 『贈る言葉』 をMixした曲です。
TAKEさんのギター、てっちゃんの縦笛演奏もありで。

ちなみにTAKEさんはギターを持って来るのを忘れたそうで、借り物のギター。
でも本人は、自分のギターよりいいギターを貸してもらったと喜んでましたが。
(さすがTAKEさん、自分の車を忘れるだけのことはあります)

そしてラストの 『さよならいとしのBaby Blues』 は武哲の生みの親(?)の
マーチンさんに感謝をこめて。

実質活動日数が超少ない貴重な武田と哲也のライブ、堪能しました!

ゴスではないてっちゃんは、とても自由で楽しそうでしたね。

でも二人とも、「本体があっての『武田と哲也』」 だと。
KO-ICHIROさんやゴスの他のメンバーに感謝してると言っていたのが印象的でした。

来年は Skoop On Somebody が20周年なので、武哲の活動な無いようですが
今後も細く長く続いてほしいものです。
『SOUL POWER presents シルクの似合う夜 part6』 を楽しみに!





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック