「K-20 怪人二十面相・伝」

「K-20 怪人二十面相・伝」 観てきましたよ~。
正直あまり期待してなかったのですが(笑)、結構面白かった!
日本もこんな映画を撮れるようになったんだなぁと、ちょっと見直しました。

感動の名作、緻密なストーリー展開!...とかでは全く無く(爆)
唯の娯楽作品!でも面白い。よく出来てます (^^)v
ハリウッドのアメコミ作品みたいな感じでしょうか。

↓以下思いっきりネタバレです。



キャスティングはぴったりな雰囲気でしたね。
仲村トオルはやっぱり上手いです。ピカイチ。
そして明智小五郎に仲村トオルを持って来た時点で正体バレバレな(笑)
あまりにもベタなキャスティングとストーリー。
...でも分ってても面白かったです。

源治も良かったですね~。
いきなり 「泥棒長屋」 はちょっと無理がありましたが...(^_^;)
影の主役くらいな重要ポジション!
私的にはイチオシの登場人物です。

ちょっと気になったのは金城武かな。
演技は上手いんだろうけど、
若干タドタドしい日本語で喋られると、すごく “大根” に見えます。
金城武ってこんなに日本語が下手だっけか?

キャラクター設定的にはズバリなんだけどねぇ~、残念。


まぁ 「お前はずっと鳩を持って歩いてたんかいっ!」とか
サーカスの面々はどうなっちゃったの?とか
突っ込みどころも満載な作品でしたが、
でもでも、面白かったですよ。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック